2009年02月08日

パイオニア、お前もか・・・

この不況は当分続くんでしょうね・・・。


がんばらねば・・。


 パイオニアが薄型テレビ事業から撤退する方向で検討していることが7日、わかった。昨年、中核部品であるプラズマテレビ用パネルの自社生産からの撤退を決めたが、さらに製品組立工場の操業を年内にも打ち切る。同社の薄型テレビ事業は赤字が続いており、カーナビゲーションシステムなどの車載機器部門に経営資源を集中させる。  ・写真で見る 生き残りかける電機業界  プラズマテレビの今年度の出荷台数は30万台前後。業績不振のため3月までにパネルの自社生産をやめ、パナソニックから調達したパネルを使ってテレビ生産を続ける計画だった。 米国と欧州の組立工場はすでに閉鎖を決めており、国内唯一の静岡工場(静岡県袋井市)も生産を中止する方向。液晶テレビは欧州で提携先のシャープから製品供給を受けて販売しているが、景気後退で一段と採算が悪化したため、テレビ事業から完全撤退する方向で見直し作業に入っており、月内にまとめる中期経営計画に盛り込む。 パイオニアは平成21年3月期業績で5年連続の最終赤字となる見通し。車載機器部門が稼ぎ頭だが、自動車不況で同部門も低迷しており、抜本的な対策が求められていた。【関連記事】・ 電機業界総崩れ、主力事業崩壊 損失2兆円へ パナソニック、負け組転落3つのワケ 三菱電機、逆風下でも堅実に利益 最終益94%減100億円  中古ブラウン管テレビ“出国”ラッシュ シーテックで薄型テレビ、無線時代に

パイオニア 薄型テレビ撤退へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090207-00000516-san-ind


今日のラッキーキーワードは、「真琴」です。
posted by がんこちゃん at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。